Report Background Image

IDFAのオプトインの増加:
広告エコシステムへのインパクト

Appleのポリシーの変更や潜在的な影響に対応するため、市場の動向を理解することが重要です。

IDFAのオプトインの増加:
広告エコシステムへのインパクト

Appleのポリシーの変更や潜在的な影響に対応するため、市場の動向を理解することが重要です。

Appleが2021年4月に実施したiOS 14.5アップデートの一環として、Appleの広告識別子「IDFA」を介してユーザーの行動をオンラインで追跡するアプリは、事前にユーザーから許可を得ることが必要になりました。この変更により、広告エコシステム全体に行動上の大きなインパクトがあり、オプトイン率が増加している一方で、iOS 14.5以降のユーザーは、14.5以前のユーザーに比べIDFAの有効化率が約30ポイント低下しました。

PubMaticは、インプレッション、収益、eCPMデータなどの指標を含む、1兆回のプログラマティック広告の入札を分析することにより、IDFAポリシーの変更の影響を評価しました。

このインフォグラフィックでは、以下について詳しく説明しています。

  • IDFAオプトインの増加
  • オプトインユーザーと匿名ユーザーの価値の違い
  • オプトインする可能性が高い消費者
  • モバイルアプリ広告支出のプラットフォーム別シェア

インフォグラフィック

IDFAポリシーの変更による市場の動向