単一SDKによりデマンドを拡大

OpenWrap SDKは、主要なアドエクスチェンジやDSPを含む200以上のデマンドパートナーと統合します。さらに、バイヤーとの直接的な関係により、CPIキャンペーンではなく、プレミアムブランドの広告予算にもアクセスできます。

アプリの軽量化​

500 KB未満では、PubMaticのSDKは他のソリューションよりも軽量で、複数のパートナーに必要なのは単一のSDKですみます。また、オークションは200ミリ秒未満で実行されるため、従来のウォーターフォールおよびSDKメディエーションソリューションよりもレイテンシが短縮されます。そのため、高いユーザーエクスペリエンスを提供します。

デマンドパートナーの管理の簡易化

エンタープライズグレードの分析を活用して、イールドを最適化する方法に関する新しい洞察を発見し、クラウドベースのUIでデマンドパートナーを管理します。SDK、アプリ、アプリストアの承認を変更する必要はありません。

並列オークションによる収益増加

貴社のアプリのオーディエンスが増加している場合、最も効果的な収益化の方法を判断するのは重要となります。インベントリは、リアルタイムの価格に基づいてクラウドデマンドソースに一斉にオークションされます。これは、効率、透明性、およびより多くの収益化を実現するビジネスモデルです。

詳細:OpenWrap SDKの関連資料(英語:Community Site)

認証/フォーマット/パートナー

  • バナー、インバナー動画、インタースティシャル、およびビデオインタースティシャル広告をサポート
  • IAB Open Measurement SDK認定
  • App-ads.txtによるアドフラウド検出のサポート
  • 追加料金無し
  • お客様がご利用のアドサーバーを使用して統合を実現。アドサーバーがない場合でも対応可能、および既存のメディエーションソリューションを利用している場合でも使用可能
  • デマンドパートナーのリストは、こちらから

単一のSDKでユニファイド・オークションの効率とパフォーマンスを提供

GET IN TOUCH

RESOURCES

アプリ内ヘッダー入札を理解する

2019年に世界中で2040億のアプリがダウンロードされ、広告主が消費者に追従してアプリ市場に参入するきっかけとなり、アプリ開発者に急成長のチャンスをもたらしています。

詳細はこちら

アプリ内広告向けにヘッダー入札を導入する際の検討事項とは

詳細はこちら

2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート

モバイル広告の予算がウェブからアプリへとシフトするなかで、アプリ内広告市場について理解することは重要です。「2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート」をダウンロードしてご活用ください。

詳細はこちら

アプリ開発者がSSPパートナーに求めるべき条件とは?

アプリ開発者に、当社では、早い段階で収益化の方法を決定することを推奨しています。ではアプリ収益化をサポートしてくれるSSPを探すにあたって、開発者はどのようなことに注意すべきなのでしょうか?ここでは、選ぶべきSSPの条件を提示したいと思います。

詳細はこちら

アプリ内ヘッダー入札で、「ウォーターフォール」の弊害を克服しよう

アプリ内ヘッダー入札は、「ウォーターフォール設定」の弊害を克服するためのツールとして、ますます重視されるようになっています。ここでは、当社のOpenBidをご紹介しながら、アプリ内ヘッダー入札のメリットをご紹介します。

詳細はこちら