OPENWRAPを使用してプログラマティックOTTの全機能を活用

OpenWrap OTTは、サーバーサイドの並列オークションで純広告とプログラマティック双方のデマンドパートナーを100%一元化するPrebid搭載のヘッダー入札ソリューションです。視聴者行動のリアルタイムの変化に対応し、新しいデマンドによる機会を創出します。入札を広告ポッドの作成に全体的に適用して収益を最大化し、テレビと同等の高速な読み込みによる優れた視聴体験を提供します。

ベネフィット

収益とマネタイゼーションを最大化

  • ウォーターフォールをフラット化して、サーバーサイド広告挿入、エクスチェンジ、DSP、アドサーバーなど、すべてのデマンドサイドに対応し収益の増加を推進
  • ファーストルック(優先権)のある広告主のアクセスを拡大し、以前はアドサーバーで「スタック」していた在庫に関する競争力を向上
  • 現在のデマンドサイドへのアクセスを保持したまま、フィルと収益を増加

広告ポッド全体を最適化

  • 入札を適用して、1つの広告スロットだけではなく、ポッド全体のパフォーマンスを最適化
  • 収益化と視聴者体験を最大化しながらビジネスルールを順守
  • フリークエンシーキャップ、競合の除外、連続広告の問題を解消

TVのような視聴体験を提供

  • サーバーサイドのビデオスタックを使用して、広告呼び出しから広告配信までの経路を合理化し、待ち時間、タイムアウト、バッファリングを低減

 

特長

  • Prebid搭載によるパフォーマンス、イノベーション、透明性、およびコントロール
  • キュレーションされたブランドセーフなプライベートマーケットプレイス(PMP)イベントリーに対するリアルタイムのオークション
  • 入札前後の詐欺防止
  • 広告ポッドのトラブルシューティングと分析
  • 全スクリーン(接続されたテレビ、モバイル/タブレット、デスクトップ)
  • 全フォーマット(プレロール、ミッドロール、ポストロール
  • 全広告ポッド構造(秒ベースの広告スロットなど)

JOIN OUR BETA PROGRAM

GET IN TOUCH

RESOURCES

動画広告における新たな収益化戦略

詳細はこちら

Connection Counts in OTT: Part One – Building Bridges, Crossing Platforms, Improving the User Experience

In this series, we’ll dive deep into the ways in which industry trends have led PubMatic to focus its product development efforts on establishing a clear connection between the stability of linear and the potential of programmatic.

詳細はこちら

Demystifying OTT: The Essential OTT Glossary

In the US, over 100 million households—or 80% of all households—have connected TVs (CTV). eMarketer also predicts that CTV ad spend will reach $8.6B this year, with programmatic capturing more than half of that pie.

詳細はこちら