PREBIDを搭載したOTT
実現

OPENWRAP OTT: プログラマティックOTTで規模、エンゲージメント、ROIを拡大

視聴習慣の変化により、動画とストリーミングTVの利用時間がかつてないほど急上昇しています。この急増はストリーミングコンテンツのパブリッシャーと広告主の両方にチャンスをもたらしましたが、プログラマティックOTTのインベントリはまだ限られています。従来の方法でインベントリを販売する際の課題を克服するため、今こそ柔軟性と透明性の高いダイナミックな購入モデルを選択し、OTTの規模とエンゲージメントを拡大するときです。

OPENWRAP OTTは、サーバーサイドの並列オークションで純広告とプログラマティック双方のデマンドパートナーを100%一元化するPREBID搭載の統合入札ソリューションです。これにより、視聴者行動のリアルタイムの変化に対応し、新しいデマンドによる柔軟な機会を創出して、収益を最大化します。

OPENWRAP OTTについてのお問い合わせは

こちらから

利点

収益の最大化

OPENWRAP OTTはウォーターフォールをフラット化し、エクスチェンジ、DSP、アドサーバー、SSAIからのデマンドとPUBMATICのサプライパス最適化取引から、固有のデマンドを集約します。

ブランドセーフな
オークション

プライベートマーケットプレイス、非保証型プログラマティック取引、プログラマティック・ギャランティードを用意し、パブリッシャーと広告主にとって高いレベルのブランドセーフティを確保しています。

広告ポッドを最適化

入札は1つの広告スロットだけでなく、ポッド全体のパフォーマンスを最適化します。その結果、フリークエンシーキャップ、競争の除外、連続広告による視聴体験の低下といった問題を解決します。

TVのような視聴体験

OPENWRAP OTTはサーバーサイドのビデオスタックを使用して、広告呼び出しから配信までの経路を合理化することで、待ち時間、タイムアウト、バッファリングを低減し、プレミアムな視聴体験を提供します。

広告ポッド全体のマネタイズを最適化

OPENWRAP OTTは番組内における広告クラスター全体のマネタイズを最適化するよう進化しており、フリークエンシーキャップ、競合の除外、連続広告の防止など、広告ポッドのコントロールが向上します。

PUBMATICのOPENWRAP OTT技術は、視聴体験を優先しながら、クライアントの広告パフォーマンスを最大化するのに役立つヘッダー入札オークションダイナミクスを実現してくれます。当社はまた、PUBMATICのソリューションがPREBID上に構築されている点も高く評価しています。透明性、柔軟性が向上し、統合の機会が増え、ファミリー層に安全なストリーミング環境を提供できるからです。

Daniel Riddell氏
CTO、Kidoodle社

動画広告には新しいマネタイズ戦略が必要

デジタル動画の新時代はパブリッシャーに大きなチャンスと新たな課題をもたらします。なぜ動画広告には新しいマネタイズ戦略が必要なのでしょうか。SSPとの関係を改善、または最大限に活用したい広告主やパブリッシャーにとって、どのような意味があるのでしょうか。ぜひFORRESTERの調査レポートをお読みください。

レポートはこちら

Resources

動画広告における新たな収益化戦略

OPENWRAP OTTについてご興味の
ある方は、ぜひ、ご連絡ください。

お問い合わせ