サマリー

「神戸新聞」は、1898年に創設された神戸市を本拠とする⽇本の⼤⼿⽇刊紙です。神戸新聞には、プログラマティック広告によって収益化され、広く閲覧されているデジタル資産を保有しており、この広告収益を保護することは、同社の将来の成功にとって重要でした。

神戸新聞は、Identity Hubを使⽤し同社のデジタルメディアの「デイリースポーツ」と「神戸新聞NEXT」に複数の代替IDを効率的に採⽤し、追加費⽤なしでプログラマティック広告の収益性を667%上昇させることができました。

事例のダウンロード