サマリー

消費者による動画視聴習慣は、加速度的に細分化が進んでおり、リニアTVの視聴率が低下する一方、さまざまなデバイスによるデジタル動画の視聴時間は増加しています。新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、この流れはさらに加速しました。

その結果、マーケターは、メディアバイイング戦略の多様化するための再考を、動画パブリッシャーやコンテンツクリエイターは、テレビのユーザーエクスペリエンスを損なうことなく、収益化を実現するための最適なソリューションを選択する必要に直面しています。

このレポートでは、その一助となるOTTへッダー入札について以下の基本事項をご説明しています。

  • OTTに関する現在の課題とCovid-19の影響
  • OTTのヘッダー入札の仕組み
  • パブリッシャーに収益、広告主に高いROI、消費者にテレビのようなエクスペリエンスをもたらす方法
  • OTTヘッダー入札を開始する際のヒントと評価基準

以下よりホワイトペーパーをダウンロードして、OTTヘッダー入札の導入をご検討ください。

ダウンロード