CROSS-SCREEN VIDEO.
DELIVERED.

CROSS-SCREEN VIDEO:画面の種類を問わずオーディエンスにリーチしてマネタイズ

急速に変化する動画消費習慣により、細分化されたオーディエンスにリーチしたいパブリッシャーと、プレミアムでアドレサブルなオーディエンスにリーチしたい広告主は、課題に直面しています。消費者がさまざまな画面で動画を視聴する傾向が強まるなか、広告主とパブリッシャーはPREBIDベースの動画広告ソリューションを導入し、プログラマティックの可能性を引き出すとともに、あらゆる動画でオーディエンス体験を向上させるべきです。

PUBMATICのCROSS-SCREEN VIDEOは信頼できる動画バイヤーをプレミアムパブリッシャーと結びつけ、バイヤーの透明性、パブリッシャーのコントロール、プログラマティック動画購入の効率性を実現──これらはみな、品質保証チームによりサポートされています。クロススクリーンプログラマティック動画のマネタイズで市場をリードする、独立した統合プラットフォームです。

利点

クロススクリーンのマネタイズ

デスクトップ、モバイル、CTVデバイス上のプレミアムウェブ、モバイルアプリ、OTT環境での動画キャンペーン、オーディエンス、メディアを総合的に管理します。

さまざまなインテグレーションをサポート

クライアントサイド、サーバーサイドの柔軟な設定と複数の統合ポイントによって、パブリッシャーの技術的ニーズやバイヤーの好みを最大限サポートします。

高度な取引モデル

プログラマティックダイレクト、プログラマティックギャランティード、プライベートマーケットプレイス(PMP)、リアルタイム入札(RTB)、オープンマーケットの各取引をシームレスに実行します。

規模とインベントリの拡大

PREBIDをベースにしたOPENWRAPのヘッダー入札、すぐに利用できるPMP取引、IDとデータの管理によって、動画インベントリとオーディエンスの価値を最大限に引き出します。

動画広告には新しいマネタイズ戦略が必要

デジタル動画の新時代はパブリッシャーに大きなチャンスと新たな課題をもたらします。なぜ動画広告には新しいマネタイズ戦略が必要なのでしょうか。SSPとの関係を改善、または最大限に活用したい広告主やパブリッシャーにとって、どのような意味があるのでしょうか。ぜひFORRESTERの調査レポートをお読みください。

レポートはこちら

Questions? We are here to help. Our team of experts can talk to you about Cross-Screen Video.

GET IN TOUCH