発行日: 2019年2月21日

クイックリンク:

当社はこのデベロッパー利用規約(以下「規約」)を隅々まで読むことをおすすめします。ただし、ご自身にあてはまる項目のみ読みたい場合は、以下のリンクをクリックし、該当する項目をお読みください:

セクション 1 – はじめに

以下の規約は、PubMaticデペロッパーサービスにアクセスまたは使用する際に遵守する必要がある法的文書です。PubMaticデベロッパーサービスは、デラウェア州に本拠を置くPubMatic, Incとその関連会社(以下「PubMatic」)によって提供されています。本規約における「貴社」と「貴社の」とは、PubMaticデベロッパーサービスにアクセスまたは使用する当事者、および、そうした当事者を代理する企業、法人、組織を意味します。「PubMaticデベロッパーサービス」は以下を意味します:(i)PubMaticのAPI、ソフトウェア、ソフトウェア開発キット(SDK)、コード、ツール、ファンクション(機能)、フィーチャー(特徴)、プロダクトなど、PubMaticが提供するデベロッパーサービス、(ii)PubMaticデベロッパーサービスに関連する情報、ポリシー、ドキュメント、キー、追加規約、仕様など(これらは本規約に組み込まれます)、(iii)PubMaticデベロッパーサービスを通じてPubMaticが貴社に提供するコンテンツ(オーディオビジュアルコンテンツを含む)、データ(匿名データや集計データを含む)、情報(以下総称して「PubMaticデータ」)、(iv)PubMaticが貴社と貴社のアプリケーションに割り当てる資格情報。

PubMaticデベロッパーサービスにアクセスまたは使用することにより、貴社は本規約によって拘束されることに同意します。本規約は注意深くお読みください。本規約の当事者になることを望まない場合や、本規約のすべてに同意しない場合は、PubMaticデベロッパーサービスの使用も、それ以外のアクセスもできません。

以下の場合、貴社はPubMaticデベロッパーサービスの使用および本規約への同意が認められません。(i)貴社が、拘束力がある契約をPubMaticと結ぶ法定年齢に満たない場合。(ii)貴社が、米国のほか、在住国やPubMaticデベロッパーサービスを使用する国の適用される法律においてPubMaticデベロッパーサービスの使用や受信が禁じられている場合。貴社が、企業、法人、組織の代理でPubMaticデベロッパーサービスを使用する場合は、必要に応じて、その企業、法人、または組織を拘束する権限を有することを表明、保証してください。

貴社が、PubMaticデベロッパーサービスにアクセスまたは使用するには、アカウント登録時や、PubMaticデベロッパーサービスのアクセスまたは使用を継続する際に、ユーザー名とパスワードの作成と、(連絡先の詳細やメールアドレスなど)一定の情報の提供を求められることがあります。PubMaticに求められた際には、そうした情報の提供に同意してください。貴社は以下について責任を負います。(i)ユーザー名、アカウント、パスワードの機密を保持すること、(ii)アカウントの下で生じるすべての行為や不作為。

セクション 2 – PUBMATICポリシー

PubMaticデベロッパーサービスにアクセスまたは使用するには、必要に応じて、https://www.pubmatic.co.jp/legal/ にあるポリシー、規約、ガイドラインのすべて(以下総称して「PubMaticポリシー」)と、(以下で定義する)補足条項にも従わなければならない場合があります。

貴社は使用するPubMaticデベロッパーサービスに適用される、追加の規約、ガイドライン、ポリシー(「補足条項」)にも従う場合があります。本規約および補足条項が対立する場合、特定のPubMaticデベロッパーサービスへのアクセスまたは使用に関するものであれば、その対立には補足条項が適用されます。PubMaticポリシーは本規約に組み込まれています。PubMaticは本規約をいつでも更新できるものとし、貴社はPubMaticデベロッパーサービスを継続的に使用するにあたり、そうした更新を承諾したものとします。

貴社のPubMaticデベロッパーサービスの使用をPubMaticが監視することがあること、また、貴社や貴社のアプリケーションが本規約に従っていない場合や、PubMatic、PubMaticデベロッパーサービス、またはPubMaticのユーザーに害を及ぼすか及ぼしかねない方法で動いているとPubMaticが独自の裁量で判断した場合には、PubMaticがいつでもPubMaticデベロッパーサービスへのアクセスを直ちに制限、停止、解除できることに貴社は同意するものとします。この監視を妨げることはできません。

セクション 3 – PubMaticデベロッパーサービスの利用ライセンス

PubMaticは本規約を条件に、以下について、限定的、非独占的、譲渡不可、サブライセンス不可および撤回可能なライセンスを付与します:(i)ウェブサイト、URL、モバイルアプリケーションといったPubMaticによって承認されたアクセスポイント(「アプリケーション」)に統合および実装するPubMaticデベロッパーサービスの機能を、設計、開発、テスト、運用、保守、サポートするのに必要な範囲で、使用およびアクセスするPubMaticデベロッパーサービスに適用されるドキュメントおよび仕様、あるいはそれがない場合はPubMaticが適宜提供するドキュメントおよび仕様に従い、PubMaticデベロッパーサービスを使用およびアクセスするライセンス。(ii)そうしたファンクションをユーザーに供給し、ユーザーが本規約に従ってPubMaticデベロッパーサービスを使用できるようにするライセンス。

PubMaticデベロッパーサービスを通じてアクセスするPubMaticデータには、PubMaticユーザーまたは他の第三者のライセンサーが作成、アップロード、投稿、送信、受信、保存などによって提供しているコンテンツ(「PubMaticコンテンツ」)が含まれることがあります。そこで、PubMaticデベロッパーサービスを通じてアクセスできるPubMaticコンテンツについて、貴社は以下の2点に同意するものとします。(i)著作権などの知的財産権や所有権の対象である場合があり、その場合、該当するPubMaticコンテンツは所有者から必要な権利、許可、ライセンスをすべて得るか、法律で認められている場合を除き、使用も供給もしてはならないこと(本規約でPubMaticが貴社に付与するライセンスには、そうしたPubMaticコンテンツの使用や供給の権利、許可、ライセンスは含まれていません)。(ii)すべてのオーディエンスや年齢層には適していない場合があること。貴社は、PubMaticまたはコンテンツの提供ユーザーがPubMaticコンテンツの使用に課している、コンテンツの削除を含む許可、要求、制限に従わなければなりません。PubMaticは、違法性や本規約の違反を判断するため、PubMaticコンテンツを調査することがあり、また、PubMaticコンテンツを削除したり提供を拒否したりすることがありますが、適用される法律で必要な場合を除き、PubMaticにそうする義務はありません。PubMaticデベロッパーサービスが提供するPubMaticコンテンツへの貴社のアクセスは、適用される法律、規則、ポリシーに従って制限、限定、フィルタリングがされる場合があります。貴社は、PubMaticがPubMaticコンテンツに基づく主張および起因する主張にも責任を負わないことに、同意するものとします。

PubMaticデベロッパーサービスの使用により、貴社が、PubMaticデベロッパーサービスを通じてアクセスするPubMaticデベロッパーサービスでの所有権(PubMaticコンテンツを含む)を取得することはありません。貴社がPubMaticデベロッパーサービスについてコメント、提案、アイデア、改善、フィードバック(以下総称して「フィードバック」)を提供した場合、PubMatic(およびPubMaticが許可するところ)はそのフィードバックを貴社に義務を負うことなく制限なくあらゆる目的に利用できます。

PubMaticデベロッパーサービスに、関連するPubMaticの名称、商標、サービスマーク、ロゴ、ドメイン名、その他PubMatic特有のブランドフィーチャー(「PubMaticブランドフィーチャー」)の使用および表示が含まれる、もしくは必要になる場合は、PubMaticデベロッパーサービスのその要件を満たす目的に限りPubMaticブランドフィーチャーをアプリケーション上もしくはアプリケーション内で表示する、個人的、非独占的、サブライセンス不可、譲渡不可の限定的なライセンスをPubMaticが付与します。本項で定める場合を除き、本規約では一切、PubMaticブランドフィーチャーの権利、権限、利益を付与しておらず、付与したと見なされることもありません。PubMaticは(i)PubMaticブランドフィーチャーの帰属と表示が本規約に適合しているかを判断する権利および、(ii)PubMaticブランドフィーチャーを表示する貴社へのライセンスをいつでも解除する権利を保持します。PubMaticブランドフィーチャーの利用はすべて、PubMaticの利益に帰するものです。貴社は、PubMaticブランドフィーチャーのいずれかで取得した権利、権原、利益を取り消し不能な形でPubMaticに譲渡、または将来譲渡するものであり、PubMaticブランドフィーチャーの正当性に異議を申し立てることはできません。

セクション 4 – 貴社のアプリケーション

本規約およびあらゆる適用法、規則、規制に違反する形でPubMaticデベロッパーサービスへのアクセスまたは使用を行わないよう、貴社および貴社のアプリケーションが従うとともに、貴社の代理人およびユーザーに対しても従うよう求めることとします。貴社は、個人データに適用されるものを含め、ブライバシーに関する適用法と規制を遵守するものとします。貴社は、参照とリンクによってPubMaticプライバシーポリシーが組み込まれたアプリケーションのプライバシーポリシーを公開して提供し、それに従うものとします。アプリケーションのユーザーに対し、貴社および貴社のアプリケーションがアクセス、収集、保存する情報の内容と、その情報を貴社および貴社のアプリケーションが利用、処理してPubMaticなどの第三者に共有する仕組みと理由を、明確かつ正確に説明するものとします。アプリケーションのユーザーが、貴社が実装するPubMaticデベロッパーサービスを通じてPubMaticに直接、情報を提供することはありますが、貴社はPubMaticとの間に書面による合意がある場合を除き、PubMaticに個人情報を提供してはなりません。

貴社のユーザー名、パスワード、すべてのPubMaticデータ、および個人データなどのアプリケーションが集めるユーザー情報は、権限のないアクセスまたは使用から保護するため、本規約および現在の業界標準に従い、貴社が技術上、物理上、管理上の保護措置を実施して保守するものとします。

貴社がPubMaticデベロッパーサービスを使用し、テキスト、グラフィックス(ロゴやマークを含む)、写真、動画、音声、音楽などのコンテンツ(「貴社のコンテンツ」)をPubMaticのアプリケーションに送信する場合または、他者が送信できるファンクションを開発する場合は、本規約により、そのコンテンツの公開実演、および派生的創作物の使用、ホスティング、保存、アーカイブ、複製、変更、キャッシュ、エンコード、再現、提供、送信、同期、表示、作成に関して、永続的、取消不可、全世界、サブライセンス可能、ロイヤリティフリー、非独占的なライセンスをPubMaticに付与するものとします。貴社のコンテンツをPubMaticデベロッパーサービスに送信する際は、事前に、(ユーザーまたは他の第三者のライセンサーからの必要な権利など)PubMaticにこのライセンスを付与するために必要な権利を確保することとします。PubMaticは貴社のコンテンツまたは貴社のアプリケーションで所有権を取得しません。

ユーザーへの供給前のPubMaticによる調査と承認のため、PubMaticは適宜、貴社にアプリケーションの提出を求めることができます。貴社は、この提出プロセスでPubMaticに協力し、提出するアプリケーションに関する質問に回答し、PubMaticが合理的に要求する情報と素材(ビジネスの運営、アプリケーションに関する保険情報、本規約上の義務などが含まれますが、これに限定されません)を提供することに同意します。PubMaticへの提出後にアプリケーションに変更を加える場合、貴社はそのアプリケーションをPubMaticに再提出しなければなりません。

セクション 5 – PubMaticデベロッパーサービスの制限

(PubMaticデータおよびPubMaticコンテンツを含む)PubMaticデベロッパーサービスを使用する際は、以下のことを行わない(また第三者がこれを行うことを許可しない)ものとします:

  • PubMaticデベロッパーサービスの直接的または間接的な販売、賃貸、リース、ライセンス、シンジケート、譲渡、貸与、変更、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、その他の改変。
  • 適用法、規則、規制に違反したPubMaticデベロッパーサービスの使用または権限のない目的での使用。
  • 組織外の人に対する、キーおよびアクセストークンの共有、あるいはPubMaticデベロッパーサービスへのアクセスの提供。ただし、貴社の代理人もしくは請負業者が、貴社のアプリケーションの運営の一環でアクセスを必要としていて、本規約で記載されたものと同等以上の厳しい条項に拘束されている場合は例外とする。
  • 合理的なリクエスト数の超過、過度の使用もしくは乱用、またはそれ以外のPubMaticが貴社に提供するPubMaticデベロッパーサービスに関するドキュメントに従っていない、もしくは反しているとPubMaticが判断する方法で、PubMaticデベロッパーサービスを使用すること。
  • モバイルデベロッパーまたはアプリストアの規約、ガイドライン、ポリシーに違反する方法でPubMaticデベロッパーサービスを使用すること。
  • (PubMaticブランドフィーチャーを含む)PubMaticデベロッパーサービスを、ポルノ、差別、違法、それ以外の不適切な文脈でフィーチャーもしくは使用すること。
  • PubMaticデベロッパーサービスに含まれる法定通知、著作権表示、商標表示、その他の所有権通知の削除、隠蔽、改変、または著者の帰属、法定通知、その他の素材の出典に関するラベルの虚偽記載もしくは削除。
  • ロボット、スパイダー、サイト検索/リトリーバルアプリケーション、その他のデバイスを使用して、PubMaticデベロッパーサービスのユーザーに関する情報を権限のない目的で収集すること。
  • 貴社または貴社のアプリケーションに関して、PubMaticによる開発、提携、スポンサーシップ、推奨を不正確にほのめかすこと。
  • 広告または広告製品における、またはPubMatic、PubMaticユーザー、サードパーティのコンテンツプロバイダー、もしくはビジネスパートナーによるスポンサーシップ、推薦、もしくは偽りの関係をほのめかす目的における、あらゆる声明と(PubMaticブランドフィーチャーを含む)PubMaticデベロッパーサービスの使用。
  • 本規約または適用法に違反もしくは抵触する方法や「アプリケーション」における、PubMaticデベロッパーサービスからの派生的創作物の開示、複製、スクレイピング、翻訳、利用、供給、表示、変更、および作成。
  • PubMaticのアプリケーションまたはPubMaticの製品およびサービスとの競合もしくは、それらの複製にPubMaticデベロッパーサービスを使用すること。
  • PubMaticデベロッパーサービスが、PubMaticもしくはPubMaticアプリケーション以外の他の仲介者からのものだとほのめかすこと。
  • 権限のない目的もしくは違法な目的で、PubMaticユーザーから個人情報を収集することまたは収集を試みること。
  • PubMaticのユーザー名またはパスワードのプロキシ、リクエスト、収集。
  • PubMaticデータ、PubMaticコンテンツ、もしくはPubMaticデベロッパーサービスの使用または使用に関連して取得した情報に基づく、個人、デバイス、コンテンツ、ブラウザに関するセグメント、プロフィール、データベースなどの記録の構築、構築支援、および補足と、セグメント、プロフィールなどの記録への、個人、デバイス、コンテンツ、ブラウザの行動の関連付けと、そうした記録の補足。
  • PubMaticデータ、PubMaticコンテンツ、もしくはPubMaticデベロッパーサービスの使用または使用に関連して取得した情報に基づく、検索エンジン、レコメンデーションサービス、ディレクトリなどのデータベースの構築、構築支援、および補足。
  • 「バックドア」「時限爆弾」「トロイの木馬」「ワーム」「ドロップデッドデバイス」「ウイルス」「スパイウェア」「マルウェア」などのコンピューターコードまたはソフトウェアルーチンをPubMaticデベロッパーサービスに送り込み、PubMaticデベロッパーサービスの通常の運用や使用に対する、権限のないアクセス、無効化、損傷、消去、妨害、障害を可能にすること。
  • PubMaticデベロッパーサービスを、同サービスがオープンソースのライセンスによる義務に従うことになる方法で、オープンソースのライセンスに基づき提供されているソフトウェアと使用または組み合わせること。
  • 貴社とPubMaticとの間に書面による別段の合意がないまま、PubMaticデベロッパーサービスを、ハードウェアアクセサリーへのアクセスを促進するアプリケーションを含む、ハードウェアアクセサリーと連動させて使用すること。

PubMaticは貴社および貴社のアプリケーションの違反を監査する可能性があります。要求された場合、貴社および貴社のアプリケーションが本規約に従っている証拠をPubMaticに提供しなければなりません。

セクション 6 – PubMaticデベロッパーサービスへの変更;保証の適用外

PubMaticは、PubMaticデベロッパーサービス(もしくはそのアップデート)の提供の中止と、PubMaticデベロッパーサービスの変更を、貴社への通知の有無にかかわらずいつでも独自の裁量で実施する権利を保持します。PubMaticは、PubMaticデベロッパーサービスの保守もしくは技術面などのサポートを提供する義務を負いません。PubMaticデベロッパーサービスのいかなる面にもアクセスすることなく、業務を遂行し、アプリケーションを運用するための準備をすることに対し、貴社が常に全責任を負うものとします。加えて、PubMaticはPubMaticデベロッパーサービスのアップグレード、アップデート、変更(「変更」)を、PubMaticの独自の裁量で提供できます。以下の3点を理解し、これに同意してください。(i)すべての変更がPubMaticデベロッパーサービスの一部になること、(ii)PubMaticが求めるすべての変更を商業的に成立する範囲で可及的速やかにアプリケーションに実装しなければならないこと、(iii)貴社の「アプリケーション」への変更の優先順位はPubMaticの推奨に従うこと。

PubMaticデベロッパーサービスは「現状」で提供されます。PubMaticは、パフォーマンスについても、PubMaticが本規約の条件で提供する素材またはサービスについても、適用法が許す範囲において、あらゆる種類の保証(明示の保証、黙示の保証、法定の保証、それ以外の保証のことで、商品性、特定目的適合性、権原、権利侵害がないことの保証もしくは、取引過程、履行過程、取引慣行に起因する保証を含む)をすべて拒否します。PubMaticは上記を制限することなく、PubMaticデベロッパーサービスが連続性、存続性、信頼性、正確性、適合性、 時宜性、安全性、堅牢性についての主張もしくは保証を行いません。貴社のアプリケーション、コンテンツ、いかなる損害、ユーザー、それぞれのコンピューターシステムまたはデバイスの責任は、データやコンテンツの損失についても、その他の侵害についても、PubMaticデベロッパーサービスのどの側面が原因である障害についても、貴社が全責任を負うものとします。

PubMatic は、PubMaticデータもしくはPubMaticデータに含まれるPubMaticコンテンツに関する正確性、完全性、有益性、可用性、安全性、データの適法性において、攻撃的な内容、猥褻な内容、中傷的な内容、不快感を与える内容を含むコンテンツ、および第三者の権利、適用法、規則に違反する可能性があるコンテンツについても責任を負いません。

セクション 7 – プライバシー

https://www.pubmatic.co.jp/legal/publisher-data-processing-addendum-jp/ にあるパブリッシャーのデータ処理に関する付属合意書は本規約の一部を構成するものとし、その条項を参照により本規約に組み込みます。

セクション 8 – 機密

PubMaticから貴社への連絡およびPubMaticデベロッパーサービスにはPubMaticの機密情報が含まれる場合があります。PubMaticの機密情報には、機密の印がある素材、ドキュメント、連絡および、本規約によってPubMaticの機密であると合理的に理解されるものがあります。貴社がPubMaticの機密情報を受け取った場合は、PubMaticの書面による事前の同意なく、第三者に開示してはなりません。貴社がすでに合法的に知っていた情報、貴社によるものでなく公になる情報、貴社が単独で構築した情報、機密の義務がない第三者が合法的に貴社に提供した情報は、PubMaticの機密情報ではありません。貴社がPubMaticの機密情報を開示することが法令によって強制される場合は、PubMaticが通知を受け取らないよう裁判所が命じる場合を除き、PubMaticに合理的な事前通知を提供することにより、開示することができます。

貴社は、貴社のアプリケーションに類似もしくは競合するものであっても、PubMaticがアプリケーション、コンテンツ、その他の製品とサービスを独自に開発する場合があること、また、本規約のいかなる条項も、PubMaticが貴社への義務を負わずに、かかるアプリケーション、コンテンツ、およびその他を開発し十分に使用することが、制限または妨げるものとは解釈されないことを、承諾し同意するものとします。

セクション 9 – 免責

以下の4点から生じる請求および以下の4点が原因である請求によるすべての債務、損害、損失、費用、料金、出費については、貴社がPubMaticとその関連会社、取締役、役員、従業員、ユーザーを免責し、保護し、害を及ばせないものとします。(i)貴社または貴社のユーザーによる本規約の違反や違反の申し立て、(ii)貴社または貴社のユーザーのPubMaticデベロッパーサービスの使用、(iii)貴社のアプリケーション、(iv)貴社または貴社のユーザーがPubMaticデベロッパーサービスで送信や使用したコンテンツ(貴社のコンテンツを含む)、データ、テクノロジー、素材。これらの救済は、普通法上または衡平法上PubMaticが利用できる他の救済に追加されます。

セクション 10 – 責任の制限

PubMaticは本規約の条件のもと、間接損害賠償、派生的損害賠償、特別損害賠償、付随的損害賠償、複数倍損害賠償、懲罰的損害賠償、補償的損害賠償(利益、データ、収益、ビジネスの損失の損害賠償を含む)について、PubMaticがその損害賠償の可能性について事前に助言を受けたとしても、適用法で許容される最大限、責任を負わないものとします。本規約の条件によるPubMaticの債務総額は100米ドルに限定します

セクション 11 – 腐敗防止と貿易管理

貴社は、腐敗防止に関するすべての適用法と規則に従うことに同意するものとします。貴社、およびいかなる関連会社も、米国財務省外国資産管理局(「OFAC」)による特定国籍業者リスト(Specially Designated Nationals List)および海外制裁回避者リスト、米国商務省産業安全保障局が保持する輸出権利剥奪者リスト、未検証リスト、エンティティ(禁輸)リストなど、米国政府が保持するどの制限対象者リストもしくは、貴社が事業をおこなう国の政府当局によるリストに登録されていないことおよび、以下の2点を表明し、保証するものとします。(i)貴社が、制限対象の傘下や支配下ではないこと。(ii)貴社が、OFACやその他の適用される制裁によって貿易が禁止されている国の居住者ではなく、そうした国には位置しておらず、そうした国の法律に基づいて組織されていないこと。

セクション 12 – 解除

本規約は相手側への通知によりいずれの側からも解除できます。(貴社またはPubMaticにより)本規約が解除された場合は直ちに、貴社は、すべてのPubMaticデベロッパーサービスのアクセスおよび使用を停止し、所有と管理(貴社のサーバーからのものを含む)をしているPubMaticデベロッパーサービスおよびPubMaticの機密情報(PubMaticデータおよびPubMaticコンテンツを含む)をすべての削除および破棄することとします。PubMaticが要求した際には、貴社はただちに削除および破棄を証明してください。以下のセクションは本規約の満了または解除後においても有効です:セクション4、セクション7から16、もしくは、存続する義務を意図する本規約のその他の条項。

セクション 13 – パブリシティ

貴社は、PubMaticが貴社の名前、ロゴ、その他の識別情報や画像を正当なビジネス目的において同意なく利用できることを認めるものとします。貴社は、PubMaticデベロッパーサービスへのアクセスまたは使用について、PubMaticの事前調査および書面による事前承諾なしに公表してはならないものとします。

セクション 14 – 通知

PubMaticは貴社に電子メールで通知することがあります。貴社は、連絡先およびアカウント情報を最新かつ正確なものとし、情報に変更がある場合はすみやかに書面でPubMaticに届けなければなりません。PubMaticへの通知はすべて、94063 カリフォルニア州レッドウッドシティ、メインストリート305 PubMatic, Inc.(PubMatic, Inc., 305 Main Street, 1st floor, Redwood City, CA 94063)General Counsel宛に送付し、legal@PubMatic.comにコピーを送るものとします。

セクション 15 – 法律と裁判地の選択

本規約は、カリフォルニア州の法の抵触の原則を適用することなく、カリフォルニア州法の下で解釈し読み取らなければならず、本規約に起因する争いや関連する争いについては、本規約の当事者が、カリフォルニア州サンタクララ郡、ニューヨーク州ニューヨークのマンハッタン行政区にある州裁判所および連邦裁判所の専属管轄権に従い、裁判地の異議申し立てを放棄するものとします。

セクション 16 – エージェンシーの否定

本規約は貴社とPubMaticとのあいだにエージェンシー、パートナーシップ、ジョイントベンチャーを確立するものではありません。

セクション 17 – 完全な合意

貴社は、PubMaticデベロッパーサービスへのアクセスまたは使用時において、サービスオーダー、相互に合意したパブリッシャー・サービス基本契約またはPubMaticとのオンラインパブリッシャーサービス契約を締結している場合を除き、本規約に従わなければなりません。サービスオーダーの場合においては、パブリッシャー・サービス基本契約またはオンラインパブリッシャーサービス契約が優先されるものとします。本セクションで使用する「貴社」と「貴社の」は、PubMaticデベロッパーサービスにアクセスまたは使用する当事者、および当事者を代理する企業、法人、組織(「パブリッシャー」)を意味します。本規約は、両当事者の完全な理解および同意を規定しており、本規約の主題に関する当事者間のその他のすべての合意に優先します。本規約のいずれかの条項が法律に違反している、もしくは法的強制力がないと判断された場合、その条項は削除したとみなされ、本規約の残りの部分は引き続き有効となります。貴社は、PubMaticの事前の書面による同意なしに、合併、法律の運用、その他の方法を問わず、本規約のいかなる部分も譲渡することはできません。PubMaticは、本規約の下で付与されている権利とライセンスなど、本規約をあらゆるサードパーティに移転または譲渡することができます。現地語の翻訳(該当する場合)は参照用にのみ存在し、英語版のみが法的拘束力を持ちます。2つの版のあいだに矛盾がある場合は、英語版が優先します。