海外ユーザー事例:PubMaticのヘッダー入札技術で、エンターテインメントとニュースのメディア企業がCPM増を実現(米国)

Post on May 8, 2017 by PubMatic

author-pubmatic
PubMatic

以下は、PubMatic米国本社のブログサイトに投稿された記事「How PubMatic’s Header Bidding Technology Helped an Entertainment and News Media Company Increase CPMs by 50%」の抄訳版です。

成功の舞台裏

エンターテインメントとニュースを扱うある大手ウェブサイトは、フィルレートとCPMを上昇させ収益を最大化させることができる、プログラマティック分野において信頼できるパートナーを探していました。当時、ヘッダー入札はまだ新しい技術で主流ではありませんでしたが、広告販売の取り組みで競合会社に対して優位に立つため、同社はPubMaticのヘッダー入札ソリューション「Decision Manager」を利用することにしました。

PubMaticは、パブリッシャーの課題に対処する戦略を立案し、デジタル資産の収益力を強化しました。

「PubMaticは、優れたプログラマティック戦略を持つ、有名で評判のよいテクノロジーパートナーです。最初のインテグレーション以降、PubMaticとは本当のパートナーシップが続いています。PubMaticは、当社が目標へと前進し在庫を最大限に活用していけるように、あらゆる段階で当社に協力してくれます」

――パブリッシャーのエンジニアリング担当バイスプレジデント 

オーダーメイドのアプローチ

パブリッシャーにとって、PubMaticはすぐに主要パートナーの一社になりました。その理由は、パブリッシャーのプログラマティック事業が拡大時期にあったことと、PubMaticが優れたカスタマーサービスとサポートを提供したためです。オンボーディングと導入において、PubMaticは一貫してコンサルティングによるアプローチを実行しました。また、PubMaticのアカウントマネージャーは、パブリッシャーの在庫状況を、シーズナリティと市場動向に基づいて定期的に調整しました。こうした変更は、パブリッシャーが直販および間接販売における広告在庫の価値にどう優先順位を付けるかについて見直すことに役立ち、全パートナーについて広告スロットの収益を増大させました。

成果

PubMaticのDecision Managerを導入後、平均CPMが50%上昇し、PubMaticのプラットフォーム上の日間売上が9-16倍に増加しました。

HB_Image1-1

このように事例には、複数の成功要因があります。クッキーのマッチ率や在庫の質に対するバイヤーの関心の高さ、PubMaticプラットフォーム内部での充実したサポートなどが、その要因です。ヘッダー入札によってセールスチャネルがインプレッションごとに統一的に可視化され、その結果、バイヤー間の競争が激しくなります。CPMの上昇と量の大幅な増加が組み合わさって、パブリッシャーはデジタル資産をフル活用できるようになりました。. 

本海外ユーザー事例の全文(英語)は、下記からダウンロードできます。

HBCaseStudyThumb