アプリ内広告向けにヘッダー入札を導入する際の検討事項とは

Post on March 19, 2020 by Lloyd Lim

Lloyd Lim Director, Product Management, Mobile Product

アプリデペロッパーがアプリ内広告向けにヘッダー入札に移行する主要な動機は、マネタイゼーションにあります。広告主は2020年に、2億8,600万ドルという莫大な予算をモバイルに投資すると予測されており、プログラマティック広告を大いに活用しています。既存の広告ソリューションを使用して収益化した場合、スケールを拡大する際に、アプリデペロッパーは、次のような課題に直面します。

  • SDKの肥大化:アプリごとのSDK統合の平均数は18.2に膨れ上がりました。これは、デマンドパートナーごとのクライアントサイドや分析測定サポートなどのインテグレーションが原因です。
  • アプリのパフォーマンスの問題:デペロッパーの40%が、広告が表示されるまで2秒以上かかり、ユーザーエクスペリエンスが低下すると報告しています。これは、複数のアドネットワークSDKで順次実行されるオークションにおけるパスバックが原因です。

サーバーサイドの並列オークションを選択することで、アプリ内ヘッダー入札はこれらのスケールの課題を解決し、アプリ在庫に対する機会を増やすことができます。

アプリ内広告向けヘッダー入札

アプリ内広告向けヘッダー入札への移行を検討している場合、3つのオプションがあります。

  1. オープンソースで開発:Prebid.orgは、簡易に検証可能なコードで透明性と公平性を促進し、パブリッシャーに幅広いパートナーの選択肢を提供します。パートナーとのコラボレーションにより、柔軟で効果的なソリューションを開発できます。
  2. オープンソースで開発されたソリューションを提供するパートナーを選択:PubMaticでは、Prebidをサポートするためにゼロからソリューションを開発するアプローチを採用しています。パートナーシップには、統合サポート、テスト、トラブルシューティング、および収益の最適化も含まれます。
  3. 独自のソリューションを保有するパートナーを選択:ただし、一部のソリューションは、独自のテクノロジーに基づいており、オープンソースに基づいたオプションよりは、透明性とコントロール性が劣ります。

ドメインを初めて使用する場合の検討事項

投資の優先順位をつける:オープンソースにはコントロールが可能で革新性がありますが、使いこなすには技術的な専門知識と管理能力が必要です。デペロッパーは、社内でどれだけのリソースを広告に割けられるか、確認が必要です。製品戦略の中心に広告を置くのであれば、社内で開発するのは、理にかなっています。しかし、広告が製品戦略を促進する位置づけの場合、デペロッパーは開発リソースと時間を優先事項にすべきです。

PubMaticは、10年以上にわたってアドテクノロジーに取り組んでおり、何百人ものテクノロジーのスペシャリストが社内にいます。これには、当社のエンジニアリングチーム内の技術者だけでなく、世界中の数十人の実装にたずさわるエキスパートも含まれます。弊社のスペシャリストは、少なくとも3年はPrebidに直接取り組んでおり、一部はPrebidコードベースとレビューに貢献しています。

何を理解していないのかが、わからない:モバイルのアドテクにおけるアドネットワークやウォーターフォールなどの従来のソリューションと、アプリ内ヘッダー入札との間には明確な違いがあります。一方に取り組んでいるデペロッパーは、もう一方に関連する課題を完全に理解していない場合があります。その結果、従来の方法でアプリ内ヘッダー入札に自社で移行を試み、問題に直面しています。

以下は、アプリ内ヘッダー入札を初めて利用するモバイルデベロッパーが直面する課題例です。

  • デプロイメント:クライアントサイドSDK統合のトラブルシューティング(特にAndroid)
  • メンテナンス:バナーを再読み込みするメカニズムに関する技術的な修正–これには、アプリ内ヘッダー入札ソリューションをプライマリのアドサーバーSDKとシームレスに機能させる方法を把握することが含まれます。
  • 最適化:特定のパラメーターの欠落やキーワードやパラメーターの設定ミスなど、プライマリアドサーバーの管理の問題により、収益が低下する可能性があります。
  • UI /レポート:デペロッパーは、ヘッダー入札オークションレベルの洞察と、複数のデマンドソースにわたるデータの集約を提供するレポート分析を独自に設定します。

デペロッパーは、ドメインを初めて使用し、オープンソースで構築すると、間違いや問題に遭遇する可能性が高くなるだけでなく、それらを単独で解決しようとする課題に直面します。ほとんどのアプリ会社の収益化を担当するチームはリソースに限りがあるため、この種の課題は運用に大きな影響を与える可能性があります。

スキルのギャップを埋める

PubMaticは、Prebidをサポートする安定したエンタープライズグレードのSDKの構築に投資しています。それを利用することにより、アプリデペロッパーは、本来のデプロイメントに専念しながら、オープンソースに根ざしたヘッダー入札にスムーズに移行できます。

以下が、OpenWrap SDKの機能になります。

  1. OpenWrap SDKがOpenWrapサーバー(Prebidで開発)を呼び出します
  2. OpenWrap Serverは複数のデマンドパートナーでクラウドサイドオークションを実行し、同時に交換して最高入札額を見出します。
  3. 落札価格はSDKに返され、アドサーバーに呼び出しが送信されます。
  4. アドサーバーがより高額の広告を見つけると、アドサーバーの広告が表示されます。それ以外の場合、OpenWrap SDKはOpenWrap Serverサイドオークションからの落札をレンダリングします。

PubMaticのOpenWrap SDKなどのソリューションを活用することにより、デペロッパーにとって以下のようなメリットを得ることができます。

  • 新技術の実装の煩わしさを軽減
  • プログラマティック支出とブランド予算を迅速に把握可能
  • オープンソースベースのテクノロジーからイノベーションのメリットを享受

OpenWrap SDKの詳細については、こちらをご覧いただくか、お問い合わせください。