プログラマティック・テクノロジーは、世界中におけるメディア売買の方法を変化させました。プログラマティックによって、より効率的で透明性が高くスマートな在庫管理と、より安全でターゲットを絞った広告が可能になりました。これらはすべて、インプレッション単位で行われます。今日では、パブリッシャーは非リアルタイム入札(RTB)から、あるいはPrivate MarketplaceやAutomated Guaranteedなどの直接的なバイイングチャネルから得られる効率性と有効性に対する理解を深めており、ワークフローの自動化が進んでいます。

PubMatic(パブマティック)のProgrammatic Direct の一連のソリューションによって、既存および新規のメディアバイヤー向けに、プレミアムオーディエンスと在庫を管理しパッケージ化することができます。パブリッシャーはリアルタイムのインサイトを活用することで、質の高い広告インプレッションとオーディエンスの制作、価格設定、パッケージングの合理化が可能です。そうしたパッケージを、あらゆるメディアフォーマットとチャネルにわたりさまざまな規模で制作でき、シングル・プラットフォーム上でのeCPMレートの向上と保証型取引が実現します。

PubMaticのProgrammatic Directの主な機能は以下の通りです。

  • ワークフローの効率化保証型/非保証型の直接販売を実行する上で必要とされる、従来の時間がかかるプロセスを削減することにより、直接的且つ間接的な販売プロセスの効率性を高めます。
  • 需要を最大化複数のデマンドソースに向けて販売する在庫の価格設定、パッケージング、管理を行い、シングル・プラットフォーム上で複数の種類の需要で効果的な競争を生み出します。
  • キャンペーン管理の統合RTB、Private Marketplaces (PMP)、Automated Guaranteedなど複数のチャネルにわたり、プレミアム広告在庫の制御と管理を行います。
  • タグトラフィッキングの自動化自社の広告サーバーへの直接的なタグトラフィッキングを簡単に自動化し、効率性の向上を図ります。
  • オーディエンスマッチングオーディエンスターゲティングの要件とニーズにアクセスしてメディアバイヤーのオーディエンスのニーズに合わせたパッケージを作成し、販売機会へのアクセス向上を図ります。
  • リアルタイムの意思決定あらゆるデマンドソースにわたり集約されたレポートをベースに、情報に基づいたリアルタイムの意思決定を行い、在庫のパッケージングを改善します。
  • きめ細かいレポートプラットフォーム、オーディエンス、カテゴリー、在庫検索アクションごとのパッケージバイイング数など、豊富なメディアバイイングに関するレポートを提供します。

詳細は、PubMaticのProgrammatic Directのシートをこちらからダウンロードしてご覧ください。