プログラマティック・テクノロジーは、世界中におけるメディア売買の方法を変化させました。プログラマティックによって、より効率的で透明性が高くスマートな在庫管理と、より安全でターゲットを絞った広告が可能になりました。これらはすべて、インプレッション単位で行われます。今日では、パブリッシャーは非リアルタイム入札(RTB)から、あるいはPrivate MarketplaceやAutomated Guaranteedなどの直接的なバイイングチャネルから得られる効率性と有効性に対する理解を深めており、ワークフローの自動化が進んでいます。

PubMatic(パブマティック)のProgrammatic Direct の一連のソリューションによって、プレミアムなインベントリとオーディエンスにアクセスでき、全てのサプライ側のソースを通してー以前は営業サイドや、PRF、またメディアプランしかアクセスできなかったインプレッション保証型を含めーパブリッシャーと直接取引が可能となります。リアルタイムのレポートにより、メディアバイヤーは、方法や場所を問わず、統合したオーディエンスやインベントリ・レポートを活用してメディアの目標を簡易に達成できるようになります。

PubMaticのProgrammatic Directのメディアバイヤー向けの主な機能は以下の通りです。

  • 単一のセールスポイントーインベントリ保証型における取引:質や規模を損なわず価格交渉およびプレミアムな取引保証が可能になります。
  • ベンダーへの依存を低減— 選択したインターフェースを活用してパブリッシャーへの直接取引が可能になります。PubMaticの最先端のUnified APIの活用により、UI数を制限し貴社のメディア目標達成のプロセスを円滑化します。
  • 複数チャネルにわたる即時性の高いアクセス —単一ポイントによるプレミアムなPrivate MarketplaceやAutomated Guaranteed へのアクセス。パフォーマンスやROIを最大化するための販売戦略やオーディエンスパッケージを認証するプログラマティック・ツールを活用できます。
  • プランニングとバイイング—可能な限り最高のスケールにて適切なオーディンスにリーチするため、インプレッションレベルのパワーを活用しながら、プレミアムインベントリにアクセスできます。
  • 管理性と透明性の向上— 貴社の保証型・非保証型のパフォーマンスに関する包括的なレポートにアクセスできます。
  • 類似オーディエンス— バイヤーのオーディエンスを基礎にしたオーディエンス・インベントリ・リコメンデーションは、貴社を追加インベントリから解放し、簡易な取引と高いROIを確保します。
  • キャンペーン・インテリジェンス— インテリジェンスの新しいレベルにより貴社を向上させるキャンペーン・メディアパフォーマンスレポートを活用し、マーケティング活動のROI向上に投資するためのインベントリとオーディエンスを決定します。

詳細は、PubMaticのProgrammatic Directのシートを こちら からダウンロードしてご覧ください。