PubMatic Media Buyer Console 2.0

メディアバイヤーが自信をもって取り組むために:

デバイスやチャネル、またポイントソリューションなどの急増により、正確なオーダーを実施できているのはプログラマティックバイイングを採用している20%の広告代理店のみであることが、最近の調査により判明したことは驚きではありません。*

メディアバイヤーは自信を持ってプログラマティックバイイングに専念するために、積極的にインベントリーの質、関連性の高いオーディエンスの検索、ブランド保護やビューワビリティ―などのソリューションを模索しています。

PubMatic Media Buyer Console 2.0は、このような課題を直接的に対応し、広告主や広告代理店、トレーディングデスク、DSPベンダーが賢くかつ効果的に、高品質なプライベートマーケットプレイス・キャンペーンを大規模に展開し、管理できるように、全フォーマットとチャネルを通じて支援します。

PubMaticのMedia Buyer Console 2.0の主な機能は以下の通りです。

  • フィーチャリング 
    実店舗さながら、メディアバイヤーはMedia Buyer Console 2.0のダッシュボードの閲覧により、シーズナルやフィーチャリングを見出すことができます。その結果、迅速にプレミアムインベントリを見つけ出し、適切なオーディエンスにリーチができるようになります。
  • 優れた検索機能
    メディアバイヤーは、豊富な検索フィルターやパワフルなリアルタイムオファーマッチングなどの検索機能を活用できます。
  • アカウント・ヘルスチェックのモニタリング  
    アカウント・ヘルスチェックのモニタリングは、カスタマイズされたダッシュボードとプロアクティブなリコメンドを提供し、PMPのパフォーマンスを向上させます。 その結果、時間を節約し、キャンペーン最適化のために最も関連性の高いデータの分析を迅速に可能にします。
  • 業界初の「Campaign ID」  
    メディアバイヤーは、迅速に複数パブリッシャーのPMPパッケージを単一の「Deal ID」にまとめて、スケールできます。これは、業界初の機能です。PubMaticの「Campaign ID」は、オープンエックスチェンジ並みのスケールをブランド保護のプレミアムな環境であるプライベートマーケットプレイスにもたらします。

詳細は、PubMaticのMedia Buyer Console 2.0のシートをこちらからダウンロードしてご覧ください。または、jp@PubMatic.comまでご連絡ください。